3秒で変わる「会社の価値」

●会社の印象を変える「対応力」

 

ネットで注文した商品が、今日届きました。

私は商品の価格などを見ながらいくつかのショッピングサイトから商品を選んで購入するといった、ごく一般的な購入スタイルでネットショップを活用しています。

ただ、それでも宅配会社を選べる場合には、できるだけ指定するようにしています。
それは、国内資本の宅配会社(ネコのマークの会社)で、この地域をご担当されている配達員の方の対応が、とても素晴らしくいつも気持ちよく受け取れるからです。

その方が届けてくださる荷物には、荷物が届く以上の喜びを感じます。

一方、米国資本のあの会社の配達員の対応には、いつもうんざりさせられています。
もちろん、ヤマト便や佐川便で届く際には問題ないのですが直送便のほうです。

しかし、今日の対応はいつもと違っていました。

今日、配達してくださった配達員は、私がいつものように受け取りのサインをした後、荷物を受け取る際にこう付け加えたのです。

「少し重いのでお気を付けください」

この一言が、あの米国資本のショッピングサイトへの私の印象を大きく変えました。

確かに、5キロのお米が入った段ボール箱は重いわけですが、この一言が私の心を軽くしたことは間違えありません。

 

●3秒のコミュニケーションで会社の印象は作れる

 

よく、人の第一印象が決まる時間は3~5秒と言われています。
初対面の際に、ある程度の印象を形成するのに要する時間です。
もちろん、見た目だけで印象が決まるわけではないとはいえ、目から入ってくる視覚情報が大きく影響してくるということは確かです。

しかし、視覚情報の次に影響を与える情報が聴覚情報です。
相手の声の響きや、言葉です。
それらの印象が、総合的に相手の印象を形成していくということです。

企業の印象形成も同様なことが言えるのではないでしょうか?

今回私は、配達員の一言でその企業への印象を大きく変えることになりました。

一言 ・・・・ そこに要する時間は、3秒にも満たない時間です。

この3秒のコミュニケーションを大切にする企業が、企業価値を高めていく企業になるのだろうと確信する出来事でした。