健康診断をより身近にするブランディングをスタッフ主導で進める「美濃市立美濃病院」

働きやすい環境づくりを院内ブランディングで推進!!
健診サービスを愛称化し、受診をより身近に。

美濃病院は患者様や受診者様に親しまれる病院を目指して、様々な活動をスタッフが主体的に取組んでいます。
その一環として「みの健康管理センター」のブランディングプロジェクトを2017年7月からスタート。
プロジェクトを通じて、健康診断・人間ドックの受診者を増加させ、市民による健診受診率の向上を推進しました。

●課題
2016年の開設から1年経とうとしていたが、センターの価値が美濃市内や近郊の住民に浸透せず、思うように受診者数が伸びないといった院外課題と共に、院内でもセンターが目指す方向性が共有されていないインターナル課題が共存していました。

●ブランドステートメント

接遇力の向上をスタッフのアイディアで

県内で接遇力でナンバー1の健診センターを実現させることを目標に、その実現に何が必要かを議論。その中で出てきたアイディアが、「オリジナルのネームプレート」です。
センターは病院と兼務しているスタッフが大半ですので、病院の名札のまま業務していました。しかし、センターで業務に当たるときは、気持ちを一新して取り組もうという発想から、ネームプレートをセンターオリジナルのものに変えることにしました。そのプレートには、「接遇のプロ」や「癒しのプロ」など、スタッフ各自が力を入れようと考えているポイントを明記。

●インターナルツール
  
ステートメントカード・名札

●ブランディングツール
   
サービスパンフレット・封筒・受診者カード・ノベルティ

●新サービス広報

YAHOO!ニュース、朝日新聞、岐阜新聞等で記事化

●ブランディング内容
・トップヒアリング
・ワークショップ
・ブランドステートメント
・愛称/ロゴ開発
・ツール
・インターナルブランディング
・新サービス企画
・広報