病院の独自価値をスタッフが主体的に向上させる「美濃市立美濃病院」の取組み

病院の独自価値をスタッフが主体的に向上させる美濃市立美濃病院

患者満足の向上と働きがいを感じる職場づくりをスタッフ主導で実現!

 

県内の岐阜・東濃・西濃・飛騨の4つのエリアからのアクセスが良く地域医療の中核的な役割を担いながらも、人口減少の影響を受け、スタッフの安定的確保、離職率の改善、患者満足の向上といった課題がありました。

 

快適な医療環境に不可欠な、病院スタッフのモチベーション

 

当社にご相談いただいた課題は大きく以下の3点です。

  • 患者満足を向上させること
  • スタッフがいきいきと働く医療機関にかわること
  • 長中期的に取り組める施策にすること

医療機関の評判は口コミで広がりやすく、地域から評価されるようになることは病院経営上、重要な課題になります。
それは、集患や増患に影響を及ぼすだけでなく、医療スタッフの確保にも大きく影響します。
これらの課題を踏まえ、院長、看護局長、事務局長など経営幹部と協議の上、「美濃病院の価値向上」に向けたプロジェクトを2018年7月に発足させました。

 

美濃市立美濃病院の独自価値を明らかにし、全スタッフで共有する

 

スタッフのモチベーションを向上させる施策として、研修などで士気を高める方法が考えられます。
医療という業種の特殊性を考えた場合、医療スタッフとしての士気を高めたとしても、その病院やその医療機関で働くことへの誇りを高める施策でないと、離職率の改善は望めません。

そこで、まず「美濃市立美濃病院」の独自性と地域に提供する価値を明確にし、その価値を全スタッフが共有することから始めました。提供価値を業務のモチベーションに直結させ、高いモチベーションで日々の業務に当たることで、患者満足が高まる流れをイメージしました。

 

➡B&Cメディカルの「組織変革コンサルティング」

 

スタッフ主導で進める、美濃市立美濃病院の価値向上

 

1.独自価値の明確化とビジョンの設定

美濃病院のスタッフ15名が、プロジェクトメンバーとして毎月ミーティングを開催。

病院の独自性や、病院らしさをスタッフ自らが明らかにしていきました。
その独自性をベースに「地域でどのように喜ばれる医療機関になるべきか」を議論しました。
計8回のミーティングを通し抽出されたキーワードから「美濃市立美濃病院の約束」を制定。さらに、その独自価値のシンボルとして新しいロゴマークを作成しました。

 

2.病院ビジョンの院内共有

プロジェクトメンバーが講師となり、少人数のグループ学習会を開催。
200名近いスタッフ全員と病院の独自価値やビジョンを共有する取組みをプロジェクトメンバーが中心に推進します。
それは、「美濃病院の約束」を単に説明するだけでなく、その実現に必要な施策、院内に存在する課題などを5~6人で討議するグループ学習会です。
そのプロセスを通じて、各自が病院の独自価値を再確認し、病院のビジョンを自分ゴトとして捉えていきます。

 

3.院内課題の抽出と解決策

プロジェクトメンバーによるミーティング、グループ学習会による討議から、院内の様々な課題が浮かび上がります。
課題解決が、患者満足の向上、従業員モチベーションの向上を促します。
その取組みもトップダウンではなく、スタッフの主体的な運営が可能になるのは、このプロジェクトがスタート時からスタッフ主導で進められたからです。

 

4.価値向上を推し進めるツール

・患者さん向け名刺

患者さんに安心して通院・入院していただくために、美濃病院では今後担当する医師や看護師などのスタッフが患者さんに渡せるように名刺を用意します。そこには、担当スタッフの名前や役割だけでなく、スタッフとして心掛けていることが記されています。

・スタッフ着/ネームプレート

「美濃市立美濃病院の約束」に、スタッフは「患者様とご家族にとっての安心のシンボル」と記されています。安心のシンボルとしてのスタッフが身に着ける白衣などのスタッフ着やネームプレートも、それに相応しいものに今後変更されます。

 

➡B&Cメディカルの「組織変革コンサルティング」

 

院内の組織変革に向けた現場の主体的が高まる。

 

これまで院内の改善策のほとんどが、院長発信によるものでした。その結果、経営の安定化を実現できたのは素晴らしい結果と言えます。
今後の医療現場の働き方改革など、医療機関に科せられた様々な課題をクリアさせていくときには、これまでのやり方では立ちゆかなくなってきているのも事実です。
美濃市立美濃病院は、改善施策の主体がトップから現場に移ってきています。それは、現場スタッフの主体性が高まってきた結果と言えます。
阪本院長を中心に進めている美濃病院の改革は、すぐに数字的なものとして表れるものではないかも知れません。
しかしながら、今後の医療経営、医療現場のあり方、医療スタッフの働き方に示唆を与えるものになると思われます。

 

詳しくは、医療専門サービス「B&Cメディカル」のサイトをご覧ください。

 

 

➡B&Cメディカルの「組織変革コンサルティング」