統合型ブランディング

社内と市場にブランドへの「愛着と誇り」を生み出すプロセスをブランディングと考えます。

ブランディングというと、イメージ戦略の一つとして扱われてきました。
しかし、イメージの強化だけでは生活者の心を動かすことはできません。
情報過多の時代、生活者は自分が幸せになれそうな情報や商品しか受け止めなりました。企業価値は、商品に対する愛着とそれを利用することへの誇りが
生活者や市場の評価となって表れます。
評価の向上には、経営者や社員、従業員による自社や自社製品への「愛着と誇り」をベースとした内発的なモチベーションの向上が不可欠です。
経営者と社員の心が振るえ、その振動が商品や広告を通じて生活者の心を揺さぶる。
それが消費行動を促し、利用者の満足が市場評価を押し上げていく。
そうした好循環が強い企業力を育みます。B&C Labは、心揺さぶるブランディングで企業価値を高めます。

統合型ブランディングとは

インターナル領域からエクスターナル領域までの一貫性したブランディング

事業推進の主体者は社員です。
社員がブランディングの主体者としての自覚が低ければ、ブランディングは絵に描いた餅に帰してしまいます。ブランディングにおいて、社員の意識変革は不可欠と言えます。これまで多くの企業でブランディングが継続的に推進できなかった要因は、インターナルブランディングに十分なエネルギーを投下できなかったことにあります。
一方エクスターナルブランディングでは、「商品や事業の独自価値」を商品パッケージや広告、販売戦略、顧客戦略に至るまで一貫性を保つことが必要になります。
独自価値を社員に深く共有させる「インターナルブランディング」と、その価値を市場に正しく浸透させる「エクスターナルブランディング」一貫性を与えることで、ムダのない高効率なブランディングを実現できます。
そうした取組みが、一時的なイメージアップで終わらせない永続的なブランディングを可能にします。

1.独自価値こそ、事業力向上の源泉

企業や事業、商品の「独自価値」を明らかに、そこからブランドコンセプトを構築します。独自価値を顧客価値に転換し、それを社内外で共有できてこそブランド力は高まります。他社のモノサシではなく自社内にある独自価値こそが、事業力の向上と社内モチベーションの向上を促し、永続的な事業の発展を可能にします。

2.心を動かすスイッチ

行動心理に着目したプランニング手法をアカウントプランニングといいます。生活者の購買行動を促すスイッチや、社内モチベーションを高めるスイッチを発見し、そのスイッチを押させる仕組みをつくります。生活者心理と従業員心理の両面から事業力の強化を促します。

お問い合わせ

ご相談・ご質問は
お問い合わせフォームをご利用ください。

メールでご相談メールでご相談