会社への愛着と誇りを生み出し、内発的なモチベーションを高める

事業を推進する主体者は社員です。企業価値を向上するうえで、社員の意識変革は重要な課題になります。自身の会社や事業、関わる商品への「誇りと愛着」を形成し、内発的なモチベーションの向上を促します。

具体的な業務内容

  • インターナルブランディングに関わるディレクション業務全般

ブランディング課題の発見~整理

  • 経営者ヒアリング
  • 社内ヒアリング

企業価値の発見と共有

  • 会社独自の価値を発見
  • 存在意義を確認
  • 社員による自分ゴト化の推進

社内施策

  • 意識変革を促す社内施策の企画
  • インターナルツールの作成
  • 社内セミナーの開催
  • ワークショップの実施

 

【インターナルブランディング研修プログラム】

会社の独自性を社員自らが顧客視点で発見し、自社の社会的価値や存在意義を自分ゴト化する研修プログラムです。研修は講義と討議の2部構成で全6回36時間のシリーズ講座となり、社員によるディスカッションを通じて事業への主体性を高めます。また、導入する企業の「らしさ」を明らかにし、その企業に相応しい社内施策を組み立てます。

カリキュラム

全6回シリーズの講座です(1回6時間程度:講義2時間+討議4時間)
  1. インターナルブランディングへの理解
  2. 独自性の発見
  3. 顧客価値の確認
  4. 存在意義のテキスト化
  5. 社内課題の発見
  6. 社内施策の企画

※導入企業の課題に応じて適宜対応させていただきます。