ブランディングこそ経営である。

ブランディングがマーケティングや広告宣伝の一部ととして扱われてきました。ここ数年で、ブランディングの本質が見直され始めたものの、まだまだそうした認識をお持ちの方も多いようです。

今回は、ブランディングこそが経営の課題であり、その解決こそが経営の醍醐味である点を書かせていただきます。

経営者のみならず、なんらか事業に関わる方のために。ご参考まで。

繰り返しになりますが、ブランディングとは「幸せな関係づくり」です。

企業であれば、会社と生活者、会社と従業員、会社と会社との幸せな関係づくりがブランディングになります。

よく経営者の方で「うちはブランド力が弱いから、売上げも上がらなくて」と仰る方がいらっしゃいます。
なぜブランド力が弱いのか、なぜ売上げが上がらないのか。
それは社内で、その事業へのモチベーションが低くなっているからです。

モチベーションが上がれば、売り上げは上がります。

上から言わなくても、内発的に(自発的に)売り上げを上げる工夫や行動が始めるからです。このことは、私自身これまで関わってきた企業を見ても明らかなことです。

さて、話を本題に戻します。

企業が行うブランディングの最終的な目的は、「会社と社会の幸せな関係づくり」です。つまり、その会社が担っている社会的使命を果たしていく、ということです。言い換えれば、その会社にしか果たせない使命が独自性です。

どの企業であれ、必ず設立するときには企業理念を決めているはずです。その会社が社会で果たす役割を規定しているはずです。もし理念が無ければ、設定する必要があります。言葉が古すぎていれば、現代的に解釈し直す必要もあるでしょう。

企業は、(理想的には)その理念に共感した人が社員として集まってきているはずです。
であれば、その共感をもう一度社内に創り出し、その理念に基づくモチベーションを形成していくことが、経営に求められる課題と言えるわけです。

私はブランディング業務を進めるときは、必ずその「企業らしさの発見」から始めます。企業らしさに根差したブランドビジョンや商品開発でなければ、従業員のモチベーションを加熱できないからです。

経営は、企業の理念に基づく社内の熱をより熱くし、経営も従業員も互いに幸せを実感し合える関係づくりだと思います。その熱が社外にも伝わり、結果として売上げや利益という形で帰ってくるわけです。

熱を生み出し加熱していく作業こそ、経営の醍醐味と言えるのではないでしょうか。